文字サイズ

公益財団法人市民防災研究所 公式ブログ

当研究所からのお知らせや防災・減災情報を発信!

平成29年7月九州北部豪雨災害現地調査報告(2)

朝倉市災害対策本部

災害対策本部の部屋の前には、マスコミの記者用のスペースがありました。

庁舎入口に「災害関連情報掲示板」が設置されていました。

東峰村災害対策本部

朝倉市物資受入場所

甘木体育センターでは全国各地から届く「物資受入場所」になり、選果場からローラコンベヤーを持ってきて活用していました。
また、トラックの荷台から直接体育館の中に運べるようにと、土を盛り仮設の搬入口を作っていました。

市職員によると、各避難所への物資輸送は、市職員がトラックで運んでいる。飲料水は、2リットルのものは多く残っているが、配りやすい500ミリのは少なくなっている。衣類は、新品のものだけを受け入れている。

朝倉市災害ごみ集積場

朝倉地域生涯学習センター避難所

市職員によると、在宅被災者の方など食事を取りにくる人全員に配っているが、取りにきたりこなかったりする。必要数を把握するために、これから調査を行う予定だと話していた。

平成29年7月九州北部豪雨災害現地調査報告(1)

 - 被災地調査

ページの先頭へ戻る