文字サイズ

公益財団法人市民防災研究所 公式ブログ

当研究所からのお知らせや防災・減災情報を発信!

第七方面災害時支援ボランティアのつどい

13012701

1月27日(日)、東京消防庁第七方面災害時支援ボランティアのつどいが行われました。

当研究所では、「災害時支援ボランティアの心得」と題して講演をした後、身近なものを利用した初期消火体験の指導を行いました。

初期消火と言えば、真っ先に思い浮かべるのは“消火器”ではないでしょうか。
しかし、大地震の時、室内が物で散乱している状況で消火器を探し出すのは容易ではありません。探している間に燃え広がり、初期消火できない状態になってしまいます。

また、断水する中でバケツ一杯の水も無駄にはできません。バケツ一杯の水を無駄なく効率よく消火するためにはどうすればいいでしょうか。

消火器以外にも身近にあるものを使った初期消火術をぜひ覚えておくといいですね。

今回の訓練では、ホウキを水で濡らして叩き消す方法と濡れた雑巾をかぶせて足で踏み消す方法、当研究所開発の投てき水パックを使った初期消火を体験してもらいました。

13012702

13012703

 - 事業活動紹介

ページの先頭へ戻る