文字サイズ

公益財団法人市民防災研究所 公式ブログ

当研究所からのお知らせや防災・減災情報を発信!

【写真報告】茨城県常総市鬼怒川堤防決壊現地調査

鬼怒川堤防決壊現地調査報告

平成27年9月10日(木)、午後0時50分ごろ、台風の影響による大雨で茨城県常総市を流れる鬼怒川の堤防が決壊し、広い範囲にわたり浸水する被害がでました。
当研究所では翌日11日、小貝川沿いの大和橋(新井木町)から福岡橋(大崎町)までを現地調査しました。

常総市役所周辺に住む男性によると、鬼怒川の支流である「八間堀川」があふれ、10日午後7時半ごろには自宅前の道路が冠水して、30分ほどで床上まで浸水した。その後はいったん水が引いたものの、翌日0時すぎに帰宅しようと近くまで車で来たが冠水していて帰れなくなったという。

鬼怒川堤防決壊浸水被害

排水準備中の作業員の腰上の高さまで浸水している

排水準備中の作業員の腰上の高さまで浸水している

DMATと自衛隊が協力孤立した病院から患者をボードで救出中

DMATと自衛隊が協力孤立した病院から患者をボードで救出中

鬼怒川堤防決壊浸水被害

残された飼い犬が放浪している

残された飼い犬が放浪している

鬼怒川堤防決壊浸水被害

小貝川沿いに立ち並ぶ住宅のほとんどが床上浸水している

小貝川沿いに立ち並ぶ住宅のほとんどが床上浸水している

鬼怒川堤防決壊浸水被害

鬼怒川堤防決壊浸水被害

東京消防庁のヘリコプターが孤立した住民を救出中

東京消防庁のヘリコプターが孤立した住民を救出中

堤防から浸水した自宅まで小船で移動する人

堤防から浸水した自宅まで小船で移動する人

鬼怒川堤防決壊浸水被害

広い範囲が浸水

広い範囲が浸水

鬼怒川堤防決壊浸水被害

【写真報告】茨城県常総市鬼怒川堤防決壊現地調査Ⅱ(調査日:9月14日)

 - 被災地調査

ページの先頭へ戻る